何故音楽を聴くと落ち着くのか

リラックスできる音楽は、人によって異なるため、一概に決められるものではありません。しかし、一般的には、以下のような音楽がリラックス効果をもたらすとされています。

インストゥルメンタル音楽:歌詞がないインストゥルメンタル音楽は、集中力を分散させることがなく、背景音楽としてリラックス効果が得られるとされています。
ナチュラルサウンド:自然の音、例えば海の波音、鳥のさえずり、川のせせらぎなどの音は、自然に癒やし効果をもたらすため、リラックスに最適な音楽とされています。
クラシック音楽:クラシック音楽には、落ち着いたリズムやメロディーがあり、ストレスを緩和する効果があるとされています。
ジャズ音楽:ジャズ音楽には、穏やかなリズムやメロディーがあり、リラックスに効果的だとされています。
メディテーション音楽:瞑想やヨガなどに用いられる音楽は、穏やかなリズムや自然の音が組み合わせられ、リラックス効果を強化するための音楽として知られています。
ポピュラー音楽:アーティスト、バンド様々な歌手が歌う歌のメロディーや声などを脳が欲するということが特に多いです。脳の応酬という言葉があります。

脳の応酬(ブレインレスポンス)とは

脳の応酬(ブレインレスポンス)とは、脳が外部からの刺激に対して、反応や処理をすることを指します。

例えば、何かを見たり、聴いたり、味わったりすると、それに対して脳が反応を示します。このとき、脳の神経細胞同士が情報をやり取りすることで、脳の活動が起こります。この脳の活動が、外部刺激に対する応酬となります。

脳の応酬は、情報処理や学習、思考などに深く関わっており、脳の発達や機能にも影響を与えます。また、脳の応酬によって、人は外界に対して適切に対応し、行動を制御することができます。

最近では、脳の応酬を利用した、脳活性化トレーニングや集中力向上のためのトレーニング、脳波を用いたコミュニケーション手法などが注目されています。更に、好きな音楽を聴くと脳汁というものが出るとも言われています。

脳汁とは

脳汁とは、ドーパミン、セロトニン、エンドルフィンなど、神経伝達物質の一種である、快楽物質のことを指します。

脳汁は、食事や運動、音楽や芸術、恋愛など、様々な刺激によって脳内で分泌され、快感や幸福感をもたらします。また、脳汁が分泌されることで、ストレスや不安などのマイナス感情が軽減され、リラックス効果が得られるとされています。

例えば、美味しい食事をしたり、運動をすると、脳内でドーパミンが分泌され、幸福感や快感をもたらします。また、笑いや音楽を聴くと、セロトニンが分泌され、リラックス効果やストレス緩和効果が得られます。さらに、エンドルフィンは、運動やマッサージなど、身体に刺激が加わることによって分泌され、痛みを和らげたり、心地よい感覚をもたらします。

脳汁は、生きる上で欠かせない大切な神経伝達物質の一つであり、自分の好きな音楽を聴くことは私たちが幸せを感じるためには必要不可欠なものです。

PICK UP演奏
PICK UP演奏2
  1. Joeのall that things / ピアノ演奏

  2. 山下達郎のクリスマスイブ / ピアノ演奏

  3. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

  4. ドリーミングのアンパンマンのマーチ / ピアノ演奏

  5. 薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃 / ピアノ演奏

  6. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

  7. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

  8. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  9. 久石譲の海の見える街 / ピアノ演奏

  10. ラッツ&スターのめ組の人 / ピアノ演奏

  1. 山下達郎のクリスマスイブ / ピアノ演奏

  2. Mr.Childrenの秋がくれた切符 / ピアノ演奏

  3. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

  4. ラッツ&スターのめ組の人 / ピアノ演奏

  5. ドリーミングのアンパンマンのマーチ / ピアノ演奏

  6. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  7. 薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃 / ピアノ演奏

  8. 久石譲の海の見える街 / ピアノ演奏

  9. 槇原敬之のもう恋なんてしない / ピアノ演奏

  10. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

一覧

TOP