相対音感とは

相対音感とは、音楽の音程の高低を判断する能力のことで、ある音の高さを基準にして、それ以降の音を相対的に判断する能力です。つまり、特定の基準音を聴き分け、それ以降の音を「高い」「低い」といった相対的な音程で認識する能力です。相対音感を持つ人は、楽曲を聴いて耳コピをすることや、コード進行を聴き取ることができるという特徴があります。相対音感は、音楽教育において非常に重要な能力のひとつであり、音楽理解力を高めるためにも、身につけることが望ましい能力です。

相対音感を持つ人のメリット

相対音感を持つ人のメリットは以下のようになります。

耳コピがしやすい:

耳コピがしやすい:相対音感を持つ人は、ある音を聴き分け、それ以降の音を相対的な音程で認識できるため、楽曲を聴いて耳コピをすることがしやすくなります。

楽曲の理解が深まる:

楽曲の理解が深まる:相対音感を持つ人は、音楽の音程やコード進行を聴き取ることができるため、楽曲の理解が深まります。

楽器演奏がしやすい:

楽器演奏がしやすい:相対音感を持つ人は、自分が演奏する楽器の音程を正確に把握できるため、楽器演奏がしやすくなります。

音楽理論の理解が深まる:

音楽理論の理解が深まる:相対音感を持つ人は、音楽理論を理解しやすくなります。音楽理論においては、音程の高低を相対的に理解することが重要であるため、相対音感を持つことで理解が深まります。


以上のように、相対音感を持つ人には、楽曲を聴いて耳コピをすることがしやすくなる、楽曲の理解が深まる、楽器演奏がしやすくなる、音楽理論の理解が深まるといったメリットがあります。

PICK UP演奏
PICK UP演奏2
  1. 槇原敬之のもう恋なんてしない / ピアノ演奏

  2. ラッツ&スターのめ組の人 / ピアノ演奏

  3. ドリーミングのアンパンマンのマーチ / ピアノ演奏

  4. Joeのall that things / ピアノ演奏

  5. 山下達郎のクリスマスイブ / ピアノ演奏

  6. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  7. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

  8. 薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃 / ピアノ演奏

  9. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

  10. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

  1. ドリーミングのアンパンマンのマーチ / ピアノ演奏

  2. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

  3. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  4. 久石譲の海の見える街 / ピアノ演奏

  5. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

  6. 薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃 / ピアノ演奏

  7. 槇原敬之のもう恋なんてしない / ピアノ演奏

  8. Joeのall that things / ピアノ演奏

  9. ラッツ&スターのめ組の人 / ピアノ演奏

  10. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

一覧

TOP