フリジアンスケールとは

フリジアンスケールとは、西洋音楽の音階のひとつで、基本的な形は「1 – ♭2 – ♭3 – 4 – 5 – ♭6 – ♭7 – 1」となります。このスケールは、ナチュラルマイナースケールの7度をフラットにした形とも言えます。フリジアンスケールは、中世の教会音楽においても用いられ、ミドルイーストの音楽やフラメンコなど、民族音楽でも用いられることが多いです。

「1 – ♭2 – ♭3 – 4 – 5 – ♭6 – ♭7 – 1」

フリジアンスケールは、ドリアンスケールやエオリアンスケールと比べ、独特な雰囲気を持っています。独特な半音のステップが生み出す音階的な不協和音は、民族音楽やフュージョンなどの音楽ジャンルで重要な役割を果たします。

代表的な曲としては、レッド・ツェッペリンの「Kashmir」、マイルス・デイヴィスの「So What」、メタリカの「Enter Sandman」などが挙げられます。これらの曲は、フリジアンスケールを使用したギターソロやベースラインが印象的で、重厚な雰囲気を持っています。

ピアノスケール一覧はこちら

PICK UP演奏
PICK UP演奏2
  1. MISIAの果てなく続くストーリー / ピアノ演奏

  2. 井上あずみのさんぽ / ピアノ演奏

  3. 木村カエラのButterfly / ピアノ演奏

  4. 工藤 静香のMUGO・ん・・・色っぽい / ピアノ演奏

  5. YOASOBIの大正浪漫 / ピアノ演奏

  6. DREAMS COME TRUEのLOVE LOVE LOVE / ピアノ演奏

  7. 黒夢の少年 / ピアノ演奏

  8. TOKIOのJulia / ピアノ演奏

  9. 松任谷由実の春よ来い / ピアノ演奏

  10. 松田聖子の裸足の季節 / ピアノ演奏

  1. PUFFYのアジアの純真 / ピアノ演奏

  2. WANDSの世界が終わるまでは / ピアノ演奏

  3. Brian McKnightのback at one / ピアノ演奏

  4. スピッツのロビンソン / ピアノ演奏

  5. 倖田來未のCOME WITH ME / ピアノ演奏

  6. 森高千里の渡良瀬橋 / ピアノ演奏

  7. 中森明菜のスローモーション / ピアノ演奏

  8. MISIAの果てなく続くストーリー / ピアノ演奏

  9. 中島美嘉の桜色舞うころ / ピアノ演奏

  10. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

一覧

TOP