フリジアンスケールとは

フリジアンスケールとは、西洋音楽の音階のひとつで、基本的な形は「1 – ♭2 – ♭3 – 4 – 5 – ♭6 – ♭7 – 1」となります。このスケールは、ナチュラルマイナースケールの7度をフラットにした形とも言えます。フリジアンスケールは、中世の教会音楽においても用いられ、ミドルイーストの音楽やフラメンコなど、民族音楽でも用いられることが多いです。

「1 – ♭2 – ♭3 – 4 – 5 – ♭6 – ♭7 – 1」

フリジアンスケールは、ドリアンスケールやエオリアンスケールと比べ、独特な雰囲気を持っています。独特な半音のステップが生み出す音階的な不協和音は、民族音楽やフュージョンなどの音楽ジャンルで重要な役割を果たします。

代表的な曲としては、レッド・ツェッペリンの「Kashmir」、マイルス・デイヴィスの「So What」、メタリカの「Enter Sandman」などが挙げられます。これらの曲は、フリジアンスケールを使用したギターソロやベースラインが印象的で、重厚な雰囲気を持っています。

ピアノスケール一覧はこちら

PICK UP演奏
PICK UP演奏2
  1. 久石譲の海の見える街 / ピアノ演奏

  2. 山下達郎のクリスマスイブ / ピアノ演奏

  3. 槇原敬之のもう恋なんてしない / ピアノ演奏

  4. 薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃 / ピアノ演奏

  5. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

  6. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  7. Joeのall that things / ピアノ演奏

  8. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

  9. Mr.Childrenの秋がくれた切符 / ピアノ演奏

  10. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

  1. Joeのall that things / ピアノ演奏

  2. 薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃 / ピアノ演奏

  3. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

  4. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

  5. ラッツ&スターのめ組の人 / ピアノ演奏

  6. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  7. Mr.Childrenの秋がくれた切符 / ピアノ演奏

  8. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

  9. 山下達郎のクリスマスイブ / ピアノ演奏

  10. 槇原敬之のもう恋なんてしない / ピアノ演奏

一覧

TOP