ディミニッシュスケールとは

ディミニッシュスケールとは、西洋音楽の音階のひとつで、基本的な形は「1 – ♭2 – ♭3 – 3 – ♯4 – 5 – 6 – ♭7 – 1」となります。このスケールは、半音階を繰り返して構成されたオクターヴ内で均等に12個の音を取る12平均律において、最も等しく12分割された音程を持つため、「全ての音程が等しく短い」という性質を持っています。

「1 – ♭2 – ♭3 – 3 – ♯4 – 5 – 6 – ♭7 – 1」

ディミニッシュスケールは、ディミニッシュ7thコードや半減7thコードのアルペジオとしても使われます。また、このスケールは、ジャズやフュージョンなどの音楽ジャンルで、不協和音を生み出すためによく使われます。

代表的な曲としては、ジョン・コルトレーンの「Giant Steps」、チャーリー・パーカーの「Anthropology」、ウェイン・ショーターの「Speak No Evil」などが挙げられます。これらの曲は、ディミニッシュスケールを使用したギターやサックスのソロが印象的で、不協和音を巧みに取り入れた独特の音楽性を持っています。

ピアノスケール一覧はこちら

PICK UP演奏
PICK UP演奏2
  1. 薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃 / ピアノ演奏

  2. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  3. 槇原敬之のもう恋なんてしない / ピアノ演奏

  4. Mr.Childrenの秋がくれた切符 / ピアノ演奏

  5. 山下達郎のクリスマスイブ / ピアノ演奏

  6. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

  7. ドリーミングのアンパンマンのマーチ / ピアノ演奏

  8. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

  9. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

  10. 久石譲の海の見える街 / ピアノ演奏

  1. キャンディーズの年下の男の子 / ピアノ演奏

  2. 山下達郎のクリスマスイブ / ピアノ演奏

  3. Mr.ChildrenのI’ll be / ピアノ演奏

  4. 久石譲の海の見える街 / ピアノ演奏

  5. ラッツ&スターのめ組の人 / ピアノ演奏

  6. 中森明菜の北ウィング / ピアノ演奏

  7. Joeのall that things / ピアノ演奏

  8. ドリーミングのアンパンマンのマーチ / ピアノ演奏

  9. Every Little ThingのTime goes by / ピアノ演奏

  10. 槇原敬之のもう恋なんてしない / ピアノ演奏

一覧

TOP